女31歳、大型二輪免許を取る! −7時間目!−

こんにちは。akariyuiです。

潰瘍性大腸炎(UC)治療中の31歳(女)、大型二輪教習についての記事です!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★

−第二段階スタート!(7時間目!)−

 

 

この時間の最初は前の教習で習った車両点検。

まずはセンタースタンド。

立てれません‼️(´・д・`)

教官にリアルに「おいおい」って言われながら、手伝ってもらいました(;つД`)


準備ができたら教官←普通車←大型車←普通車←大型車(私)の順に出発。

外周左回りと二輪コースに戻ってクランク・S字を一回ずつの慣らし運転終了。


その後、初めての急制動へ!

まずは30キロ、次も30キロ。

次に40キロ、また40キロ。

40キロ一回目はスピードが出てなかったらしい。

これ、速度不足なら検定では減点されるそうですよ。

私は自分がビビりだと分かってたので、こういうときは出しすぎかな💦って感じるくらいアクセル回します。

そうするとビビりがちょうどいい速度に落としてくれるから(笑)


因みにラインオーバーや転倒は一発アウト、検定中止です(|| ゜Д゜)


次は回避。

教官が手をあげたほうへ回避します。

これは検定関係ないから心のんびりできました(笑)

このまま進んだら教官轢くなーとか考えたり...( ´∀`)ハハハ


その次は衝突実験。

教官の左後ろを走り、教官がブレーキかけたらこっちもブレーキ!

来るとわかってても怖い。

ぶつかることはないとわかってても怖い。


そして思い出す普通二輪の教習...

教習内容の意味がわかってなくて、教官の真後ろ走って怒られる&教習時間なくなる(笑)

そんなドキドキも思い出しました(´- `*)


最後に総合コース2を回って終了‼️

クランクでコーン蹴飛ばした気がするけど気にしない(・ε・)

さあもう一時間やるぞー!


次は−8時間目!−です